お金むしり取られる人の共通点 ネガティブな人ほどハマりやすい?

写真拡大
■「あなたの人生は100点満点で何点?」「人生に満足している」人は少数派に違いない。
容姿、収入……人は心のどこかに「こうだったらいいのに」という思いを少なからず持っている。普段は、こうした不満を意識していなくても(もしくは封印していても)、第三者から指摘されると、自分のなかの不満が一気に顕在化することがある。
高額な商品を売りつけようとする、街頭のキャッチセールスが行うアンケートには、次のような項目がある。
「あなたの生活の満足度は何点ですか?」
そう聞かれて、「100点満点です」と答える人はまずいない。たいがいは、60点とか、70点とか、無難な答えをするに違いない。
仮に70点と答えると、「足りない30点は何ですか?」と勧誘員は尋ねてくる。
「仕事をやめてから、次の就職先が決まらない」
「恋愛がうまくいかず、結婚ができない」
現状への不満や悩みを話すと、それを聞いた勧誘員らは、その足りない点数分を解消するための方法を指南してくる。
たとえば、高額な自己セミナーへ勧誘する業者は、有料の講座を受ければ、ものの見方が変わり、思い通りの不満のない人生を送ることができる、などと言ってくる。不平や不満といったネガティブな感情を聞き出し、それを埋め合わせてあげます、と言わんばかりに「商品」や「サービス」を売りつけてくるのだ。
■「あなたには40万円のブレスレットが必要です」近年、高額な商品を販売する開運商法による被害が絶えないが、これもまた、本人の悩みや現状への不満につけこむ商法である。
私も以前に、ダイレクトメールに載っている金運アップのブレスレットを購入するために、電話をかけたことがある。しかし、相手の業者はなぜかすぐには注文を受け付けない。
「このブレスレットはオーダーメイドなので、あなたの悩みを聞いてからどの商品が良いかを判断します」
そのとき私は「安定した収入がない」などとつい正直に悩みを話してしまった。
業者は「お金がたまらないのは、お困りでしょうね」と、心配する素振りで、次のような提案をしてきた。
「あなたには金運アップのブレスレットが必要です。一番のお勧めするのは、ゴールデンルチルという石をあしらったブレスレットで40万円になります」
40万円という金額に、私が「高い! ムリです」と答えるも、しばらくはこの金額を押してきた。しかし男は諦めたのか、次に「パワーストーンを変えて、5万円ではどうか」と提案してきた。一気の35万円引きである。
ずいぶん、安くできるものだと思い、もう少し様子を見ていると、「4万円でどうでしょうか!」。それでも高いというと、次に3万円、1万円になり、最終的には、8000円になった。結局、注文するだけで30分以上の時間がかかった。
こうした悪徳業者らは、悩みを金額に置き換えて考えている。
「金額(数字)」を客が抱く不満や不安の大きさをはかる尺度にしているのだ。そして、同時にこの数字が大きければ大きいほどカモ度が高いと判断する。
私に対して最初にブレスレットの値段が40万円という高い値段を提示してきたのは、アンカリング効果(最初に高い金額を言って強い印象を与え、次にそれより安い金額を提示すると購入しやすくなる)を狙ってのこともあるだろうが、そこには悩みを数値化(金額化)して、私の深刻度をはかる狙いもあったのだ。
最初から安い8000円の商品をすすめてしまっては、深刻度はわからない。
結局、値切りに値切り、8000円で購入したので悩みは深くないと思われ、その後にはあまりしつこい勧誘はされなかった。
■「数値化」すれば誰でも儲けられる先に述べたキャッチセールスは、100点中何点の満足度かを尋ねて、不満部分が30%と知ると、その内訳について、詳しく尋ねる。

http://news.livedoor.com/article/detail/9406000/

Filed under: 日記 — webmaster 5:55 PM

政治とカネって言ってもねぇ…

先週、毎月恒例の税理士先生とのミーティングに行ってきました。
僕はアメブロでも時々書いているんですが、フリーになってから「とにかく自分のお金の管理を1円単位まできっちりやろう!」と意気込み、今年の7月まで、全ての領収書の管理をすべて僕一人でやっていました。
そこまでやっていた理由は単純に「興味」です。
取材していていつも感じていたことですが、言葉にするには「体験」が必要だと思っていました。本当に「全てのお金の管理を完全に自分でやった場合、どのような苦労があるのだろうか?」という事を体験をもって知りたかったんですよね。一度ちゃんと勉強したかったんです。
結論から言いますと、そりゃあもうね、大変なんてもんじゃなかったです。
会計ソフト「弥生」とにらめっこしながらね。あ、弥生、使いやすいです。おすすめ。売れてる訳が分かります。で、そんな体験から最近感じるのが「政治とカネ」にまつわるマスコミの一方的な報じ方に対する違和感です。
小渕さんの一件以来、「政治とカネ」にまつわる話が何だかプチブームのように報じられているんですが…ちょっと一方的なものと、ちょっと的外れなものが多いような気がしています。先日もあるニュースを見ていたら、したり顔のキャスターが
「政治資金収支報告書をしっかりチェックしていない段階でアウトですよね」
「襟を正してほしいですね」
とコメントしてたんですけど…
分かります。分かりますよ?正論かもしれないとは思います。でも、そのコメントって、正直言って、小学生でも言えるレベルの気がしてしょうがないんですよね。
そのキャスター、局アナでした。年齢はいってるけど、会社員です。
あなた、多分なんも知らんよね?
会社員って、本当に経理の人の苦労が分かってない人が多いんですが、経理の担当者がいつも丁寧な作業を裏でやってくれているから、営業であったり企画であったり…僕らで言えばアナウンサー業務を出来ているんです。偉そうな顔であんなこと言ってましたけど、あのアナウンサー、資金の管理なんてやったことないから。絶対。
繰り返しますが、僕は1円単位まで完全な管理ってやつをしてきました。本当に全部の管理をやり切りました。結果…毎月、1日から2日は…仕事になりませんでした。まったく。これは僕のアメブロを毎日のように見ている人は知ってる話です。
本当にね、とんでもなく時間がかかるのです。その分、しっかりと管理できています。文句がつけようないくらいの出来だと自信があります。もちろん、青色申告を出来まして65万円の控除も…とか言いはじめると説明が面倒くさいので、とにかく、僕はきっちりやったのでちゃんと税控除まで受けられました。
でもね、これって、僕がまだフリー1年目で、そこまで仕事がきつくなかったから出来た話でしかないんです。
僕、今年の5月頃にに1カ月で4冊の本を出したんですけど、その執筆が重なっていた2月から3月頃って本当に忙しさのピークで、毎日デスクに座ってカタカタパソコンとにらめっこしながら、ナレーションやテレビの仕事をこなしていたんですけど…
もうね、領収書どころじゃなかったってのが本音でした。正直言って、仕事に集中したかったです。でも、やるしかない…。本当にきつかったです。
4月からはメルマガなどの執筆に加えて、「バラいろダンディ」のメインキャスターに就任したので、もう無理!となって、7月ごろからは専門の知識を持っている人を紹介していただき、領収書の整理、ソフトへの打ち込みと管理をお金を払って任せるようにし始めました。その分、毎月の税理士先生とのミーティングはかなり入念に、一つ一つの項目を丁寧にチェックしていくようにしています。これで、相当に負担は軽減されました。お金はかかっていますが、間違いなくこれで良かったと思っています。
会社員の皆さんには分からなくて当然だし、分からなくていいんですが、お金の管理って、そんなに甘いもんじゃないです。
例えば、仕事のロケでゴルフに行ったとしますよね?
ゴルフ場ってプレイ代の他に、「ゴルフ税」ってのがかかっています。税金が上乗せされてるんですけど、税の上に税を重ねても2重課税になってしまうので、ゴルフの場合は…プレイ代は、交際費で消費税がかかる消費税コードを入力、ゴルフ利用税は交際費で消費税がかからない消費税コードを入力しないといけないので、プレー代と利用税を分けて別々に打ち込んだりします。
ゴルフ行く人、領収書、見て見てください。小さく「ゴルフ場利用税」って書かれてたりするから。あれ、あの金額だけ「消費税区分」が違うので、分けて会計ソフトに入力しなきゃいけないんです
そんなの、知らないでしょ?普通の人?
コメンテーターの方も何か言わなきゃいけないのでしょうがないとは思うんですが、はっきり言って…「政治とカネの問題」って、そんなに単純な話じゃないんじゃないかって思ってます。
使った「すべてのお金を」丁寧に管理することはもちろん理想論だし、それが一番いいのは分かるのだけれど、「本当にすべてのお金の管理を」政治家たちが全部自分たちで行った場合…毎月、3日~4日ほどは、政治活動は出来ないと思います。
フリー1年目の僕ごときで、1日か2日はかかってました。集中もしてましたし、結構早く仕事してもそれくらいかかってました。大物議員さんくらいになると、領収書の数は僕ごときじゃ済まないです。毎月3~4日は「完全に管理した場合」は必要になるでしょう。つまり、まったく政治活動なんて出来なくなると思います。年間、1か月分ほど、「政治家」としては役に立たなくなると思います。

http://blogos.com/article/97875/

Filed under: 日記 — webmaster 8:39 PM

やる? やらない? ビジネスで最も大切な「判断力」と「実行力」を鍛える4 …

最も大きなリスクは経験値が上がらないリスク
もしも、あなたの年齢が30代であれば、おそらく残りの就業可能期間は30年程あるので、ビジネスでお金を失ったらまた働いて稼げばいいと僕は考えます。そして、手元のお金を失うリスクだけを考えて、チャレンジしないのは、別のリスクを冒しているとも僕は考えます。
別のリスクとは経験値が上がらないリスクです。
結局のところ、お金を扱う能力は、扱う経験を増やすことでしか向上できません。たとえば、シリコンバレー等ベンチャー企業が多いところでは、ビジネスを失敗した起業家が、しばらくした後に、投資家を募ってまた新たなベンチャーを立ち上げていた、という話をよく耳にします。
「会社を失敗させた人に会社を任せるなんて、どうしてだろう」と思いませんか?実は、会社を一度失敗させた経験を持っているというのは、そのベンチャーに投資をする投資家側の視点から考えるとすごく合点がいく話なんです。
今まで全く大きなお金を扱った経験のない人と、失敗はしたけれど扱った経験のある人がいるとしたら、経験のある人への出資を選ぶ投資家のほうが多いはずです。経営で使うお金というのは、節約しすぎてもダメだし、大胆すぎてもダメ。いいバランスを取らないとうまくいきません。それをうまくやるためには大きなお金を扱った経験が必要不可欠なのです。
僕は、ビジネスで最も大切な能力は、判断力ではないかと思います。
学校教育の中では知識がもっとも重要な能力とされていました。そのため、たくさんの量を記憶し、テストに合格していくということが求められます。ですが、社会に出たらそれは異なります。知識と経験は書籍などから手に入れることができます。ですが、その知識と経験だけでビジネスを成功に導くことはできません。確実に「実行」というアクションが必要なのです。その実行を正しいものにするためには正しい「判断」が必要です。つまり、知識と経験を得た上で、それを正しく判断し、実行に移していく。その判断力にはもともとのセンスもあるでしょうが、それよりも影響が大きいのが経験なのです。
一瞬で数千万円を投資する決断ができる能力
世の中には、投資家といわれる人たちがいます。金融商品や人にお金を預けて、運用してもらい、その利益の一部を自分の取り分として受け取る。
その話だけ聞くと、「なんて気楽な人たちなんだろう」と思うかもしれませんが、数千万円から数億円のお金を株や債券、商品、不動産などのリスク性商品や他人に預けるということは、すごくストレスのかかることです。そして、預けることまではできても、そこから利益をあげてもらって、自分の取り分を確保することは、簡単なことではありません。
株でも不動産でも、起業家への投資でも、正しい判断力がない限り、一時的に運良く利益を得られたとしても、継続的に利益を得ることは不可能なのです。
継続的に利益を得ていくためには、知識を学び、経験を積み重ね、失敗から学び、判断力を高め、実行に移していく、という流れが必要です。どこが欠けてもうまくいきません。すべてを実行していくことが必要です。お金が失うのが怖いと思って判断や実行することを躊躇していたら、どれだけ知識があっても結果は出ないのです。
つまり「実行力」がないと経験値は高まりませんし、結果も出ません。そして、実行しないといことは「行動しないという判断」をしたこととなり、「その判断」がお金を得るチャンスやビジネスの成功のチャンスを奪い取っているのです。

http://www.lifehacker.jp/2014/10/141012_money.html

Filed under: 日記 — webmaster 11:23 PM

日本は歯のケアへの時間・お金の投資意識が6カ国中最低

加齢とともに発症率が高くなる歯周病は、歯を失う原因となる身近な感染症。近年では、歯周病と糖尿病の関連が明らかになるなど、全身への影響が懸念されている疾患だ。
このたび、サンスターが、日本を含む6カ国の男女計2,280人を対象に、「世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査」を実施。同調査から、日本は調査対象6カ国中、歯周病に対する意識が高いにも関わらず、歯のケアへの時間やお金の投資意識が低いことが明らかとなった。
調査対象は日本、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、スウェーデンの6カ国、20~69歳の男女、各国380人。調査期間は9月2~17日、調査方法はインターネット調査(マクロミル)。
同調査では、日本人の歯周病認知率は98%と高い数字となり、「自分が歯周病だと思う」あるいは「なる可能性がある」と答えた人も83%と、他国に比べて非常に高い結果に。その一方で、「歯のケアに時間やお金をかけたくない」と回答した人は、6カ国中で最も高い30%にのぼる。この矛盾について、神戸常盤大学の野村慶雄教授は、「歯周病の症状がなければ歯科医院を受診しない人が多い。歯を健康な状態で残す意義についての情報が日本では不足している」と危惧している。
日本人の感染症に対する恐怖感についても、「怖い」と回答した人が94%と6カ国中で突出して高い。しかし、感染症への恐怖を感じている人が多いにも関わらず、歯周病が感染症だと認識していない人は75%にものぼる。また、日本人が歯ブラシに投資する費用(1本あたり平均233円)、歯ブラシ以外のオーラルケアに関するアイテム(歯みがき粉、歯間ブラシ・フロス、デンタルリンス・マウスウォッシュなど)の使用率も、他国と比べて低いという結果になった。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/10/20/124616.html

Filed under: 日記 — webmaster 2:07 AM

退職後のお金、預金だけで大丈夫? 今から考える老後の生活費

退職直前の収入の7割が生活に必要
   フィデリティ退職・投資教育研究所は、退職直前の収入の約7割が生活費に必要と推計する。民間給与実態統計調査(2014年)によると、退職直前の55~59歳の会社員男性の平均年収は約600万円。とすると退職後に必要なお金は、年収の7割の35年分で1億4700万円以上にもなる。
   厚生労働省によると2014年度の夫婦2人分の厚生年金支給額は月額約22.7万円。年額で約270万円となり支給開始が65歳からだと、95歳までに受け取れる金額は30年間で約8172万円だ。これでは前述の退職後の必要額に6000万円近く足りない。もちろん他に退職金などの収入が考えられるが、それでも不足分をすべてカバーするのは難しそうだ。
   個々人の自助努力が求められるので、人生のなるべく早い段階から少しずつ老後に向けた資産形成を始めることが重要となる。ただし超低金利状態が続いているので、定期預金に100万円を0.026%で預けても、利息は年260円(税引き前)にしかならない。またインフレで物価が上昇すると、預金の価値が目減りする可能性もある。
   一方で、投資については「資金が減るのが嫌」と20~30代の若者は考える向きもあるが、リスクはいくつかの方法で軽減できるという。そのひとつが長期投資だ。運用期間を10年で見ると、運用期間1年と比べて収益率のブレ幅がおさえられ、安定した運用結果が得られやすくなる。

http://www.j-cast.com/trend/2014/10/28219462.html

Filed under: 日記 — webmaster 4:51 AM

アグネス・チャンが専業主婦の立場に言及「夫のお金は私のお金」

17日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、アグネス・チャンが「夫のお金は私のお金」と思った方がいいと専業主婦にアドバイスをした。
金曜日のコーナー「ノンストップサミット」では「ママ友バトル!専業主婦vs働くママ」と題し、番組に寄せられたエピソードを元に新たなママ友バトルについて討論を行った。
30代の専業主婦から、働くママ友2人が子供のワンピースをお揃いで買おうと盛り上がっていたので、自分も子供のために買ってあげようと決心したところ「旦那のお金でしょ?こんな高い買い物大丈夫?」と言われたというエピソードが紹介された。
MCの設楽統は「もしかしたら本当にその人は気を使っているというか、大丈夫?という心配心から言っているのか、だけどいやいや待て待て余計なお世話だ、どういう風に?」と、中村江里子に訊ねると、「言い方がすごく冷たいというか、優しくないなとさっきから出てくる発言が非常に思いやりがなくて悲しくなります」と憤った。
和泉節子は「旦那さんのお金じゃないですよ」と前置きをし「専業主婦は家庭を守っているのだからバンバカ買っていい」「お仕事をもっていらっしゃる方だけが私のお金じゃないの、主婦の方も私のお金なの」と持論を展開した。
アグネスは「それ大賛成です」と和泉の意見に同調し「夫のお金は私のお金」「そういう風に考えないとやっていけないですよね。是非是非みんなそういう気持ちでいいと思う」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/9371237/

Filed under: 日記 — webmaster 10:19 AM

円安でも株価は上がらなくなった 増税に踏み切れば「アベノミクスは殺さ …

9月26日付の本欄で、日本の株価は変調をきたしていると指摘した。消費税増税後の景気動向を示す4〜6月期の国内総生産(GDP)第1次速報値が発表された8月13日が転換点である。以来、発表される景気指標は市場に重くのしかかる。案の定、株価円建て、ドル建てとも下落局面に突入し、10月21日時点で日経平均は1万5000円を割っている。円安=株高という方程式が壊れたのだ。
グラフは主要国・地域の株価をドル建てと現地通貨建ての2つの指数で表示する「MSCI」株価指数の日本編と円の対ドル相場の推移である。円建て株価指数は円安基調と並行してじりじりと上昇し、7月初めに比べたピーク(9月25日時点)の株価は5・5%上昇したが、ドル建てでみると逆に1・5%下回った。
円安の度合いに比べ、円建て株価の上昇幅が少ないからだが、円建て指数とドル建て指数は日銀による異次元緩和が2013年4月4日に打ち出されて以来、ほぼ重なるようにして変動してきた。それが、今年8月中旬あたりから、かい離し始めた。そして9月末からは円建て、ドル建てとも下落基調に転じ、その後を追うように円安傾向が止まった。円高への局面変化は株を押し下げる。

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141024/ecn1410240600004-n1.htm

Filed under: 日記 — webmaster 1:03 PM

お金で苦労しない大人に育てる子育ての掟3つ お金の教育をする

写真拡大
みなさんは、子どもの時お金にまつわる教育を受けましたか?日本ではお金にまつわる話は、あまりしないですよね。子どもにお金に関する教育をする、というのもあまりない話かもしれません。
しかし、他の国では、子どものうちからお金にまつわる教育をしておくことがあたりまえとなっている国も多いもの。そこで今回は、海外の情報サイト『ELITEDAILY』を参考に、わが子を“お金に苦労しない大人”に育てる3つの方法を紹介します。
■1:“困った時には自分で稼いだお金が自分を支える”と認識させる
子どもが何か挫折しそうになったり、困ったりした時に、すぐに援助をするのはやめましょう。自分で稼いだお金だけが、自分を支えるお金だということをハッキリと認識させなければなりません。他人のお金を当てにしてはならないのです。
■2:ゲームなどで楽しみながらお金のことを学ばせる
子どもと一緒にモノポリーなどのゲームをするのもとても良いことです。子どもは楽しみながら学ぶことができます。
“投資”と“浪費”の違いを教えたり、収入以上の消費をするとどうなるか?どういうことが無駄使いなのか?などをゲームを通して遊びながら、お互いに話してみてください。
■3:お金の使い方を実例から学ばせる
大きな会社の経営者やベンチャー企業の社長、はたまたスポーツ選手などが、どういったお金の使い方をしているか、子どもと一緒に見てみましょう。どんな使い方を真似したいか?どうしてそう思ったか?実際に真似してみて成功したか?失敗したか?など、お金の使い方を、実例から学び、実践してみるのです。
もちろん、失敗する時もあると思いますが、そこからも多くが学べます。彼らが大人になった時、結局、自分が稼いだお金だけが、自分を助けてくれる、ということを学んでおくことが大切です。
以上、“わが子をお金に苦労しない大人に育てる3つの方法”でしたがいかがだったでしょうか。
日本だと、あまりお金の教育は行われませんが、こういった知識や経験も、これからの子ども達には必要かもしれません。

http://news.livedoor.com/article/detail/9375102/

Filed under: 日記 — webmaster 3:47 PM

「もしかして私、一生シングルかも?」と思っても困らないお金の話、教え …

 貯金はあなたを裏切らない!
昨今、日本は男女ともにシングル化が進み、もはや結婚せずに1人で生きていくのがごく当たり前と考えられる世の中になっています。
その中でも仕事やプライベートに充実を感じる女性は年々増えてきており、ライフイベントに「結婚」を必要とせず、自らの意志で1人暮らしを選択している人も多くなってきました。
前向きに1人の人生を歩んでいく姿は、新しい女性としての生き方を提案してくれます。
その一方、シングルで生きていくには、様々な不安を抱えているというのも事実で、特に将来への経済的不安は多くの人が潜在的に感じている問題です。
住まい、病気、介護などこれから起こりうる心配の種を少しでも払拭するよう、お金にまつわる知識やノウハウは少なからず身につけていかなければいけないことでしょう。
本書は安心して幸せなシングルライフを送れるための「お金」の話を分かりやすく解説した一冊となっております。
「マンションは買ったほうがいいのか」
「貯金はいくらあったらよいのか」
「保険は入ったほうがよいのか」
など基本的な知識から、貯金体質になるためのコツなど、将来につなげるきちんとした経済観念が身につく内容が満載です。
【目次】
第一章「わたしって一生おひとり?」と思ったら
第二章おひとり女子の「マイホーム」問題
第三章いつかはくる「老後」のおひとり生活
第四章今、貯められないでいる理由を考えてみよう
第五章今すぐできる貯金習慣をマスターしよう
第六章シングル女子を助けてくれる金融商品の基礎知識

http://www.j-cast.com/bookwatch/2014/11/05220131.html

Filed under: 日記 — webmaster 9:15 PM

失われた20年で大企業から“本当の商売人”が消滅!?日本企業を覆う …

“お金を使った経験”のない取締役が飛びつく
安易なM&Aは悲惨な結果に
 皆さんのなかに、会社のお金を“どーん”と使った経験のある人はどのくらいいるだろうか。実は、かなり少ないのではないかと思う。さらに、「いま10億円使えるとしたら、何に使う?」(1億円でも5000万円でも構わないが)と聞かれて、即答できる人はいるだろうか。これまたほとんどいないと思う。
 一部の業種を除いて、日本企業のほとんどが、現在、“お金を使えない病”にかかっている。お金を稼ぐ人も、倹約する人もたくさんいるのだけども、“お金を使う人”がいないのである。明日の成果を得るためには、今日そのための準備をしなくてはならない。にもかかわらず、あらゆるレベルで無駄が削られ、お金を使う経験をせずに管理職、そして経営幹部になっていく。経験が乏しいと、何が生きたお金の使い方で、何が死に金かの区別さえつかない。実体験に基づいたお金を適切に使う技術を習得する機会がなかったのだから仕方がないとも言える。
 ここで言う、お金を使うとは、定常的な業務以外のところの、将来性のあるビジネスに“張ってみる”ことや、大きな投資で“賭けてみる”、世間の耳目を集めるプロモーションなどで“傾(かぶ)いてみる”ことだ。新しい事業や顧客の新しい欲望を生み出すためには、市場に新たな旗を立てるべく、何らかの形でお金を使っていかないとことには始まらない。

http://diamond.jp/articles/-/60416

Filed under: 日記 — webmaster 11:59 PM
..